プロフィール

スズキリ

Author:スズキリ
本名スズキリュウノスケ
(鈴木龍之介)のあれやこれ。
くだらない真実をあなたに。

詳しくはこちら↓
http://www.suzukiri.net

画像、文章の転載はご遠慮ください。
リンクフリー

最新記事

月別なんやかんや

カテゴリとか

動員数(アクセス数)

FC2おすすめブログに選ばれました

recommend_bnr02.jpg

このバナー、同じ情報を繰り返し過ぎてると思うんだ。

相互リンク

相互リンク絶賛募集中。

リンク

連絡が取れない場合は勝手にリンクしています、問題ありましたらお知らせください。 ※すみません、リンク最初期状態に戻しました。

検索する

RSSリンクの表示

by FC2

無料ブログはFC2!

ブロともになる

あんまり断りません。

QRコード

QRコード

メールしてみる

名前:
メール:
件名:
本文:

なかの

  
 
スズキリュウノスケのあれやこれ
  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
イタリア旅行記8「もうモザイクなんて要らない」
R0011424.jpg

午後はトレビの泉へ。

画像が多いからちまちま書き進めて昨日更新したんですが、
バグで全部記事が消えまして、ほぼヤケクソでこれを書いています。
ウワアアアアア!!!投げやりな感じで書くよ!!!


R0011350.jpg

はいここね。なんかアマルフィ?の主役?の織田さん?が泊まったホテルらしいですよ。
そんな事より僕の頭は記事が消えた事に対するやり場のない怒りでいっぱいです。
大切なことだからもう一回言いますが、僕の頭は記事が消えた事に対するやり場のない怒りでいっぱいです。


R0011351.jpg

外国にある日本企業の看板とかって見てて違和感感じますよね。
そんな事より僕の頭は記事が消えた事に対する(略)


R0011366.jpg

トレビの泉にやって来ました。
しかし、そんな事より僕の頭(略)


R0011364.jpg

コインを一枚投げるとまたローマへ来れる。二枚投げると恋人と一生結ばれる。
三枚投げると縁を切れる。…という謂れがあるらしいですが、
そんな事より僕(略)


R0011362.jpg

ちなみに僕が何枚投げたのかはヒミツです。
まぁそんな事よりぼ(略)


R0011361.jpg

いやー、すごい人口密度ですよね。
そんな事より(略)


R0011358.jpg

真ん中にいるのがポセイドンです。
記事が消えた僕にとってはどうでもいい事ですがね!


R0011373.jpg

この幼稚園の帽子みたいなやつ可愛い。
子どもからお年寄りまで、ツアーの人達なんですかね?
まぁこの人達に記事が消える痛みは分からないと思います。


R0011375.jpg

途中から完全にコイツのこと忘れてましたね。
記事も消えたし。

R0011376.jpg

記事が消えたから、ここがどこだったかもちょっとよく分からないですね。


R0011379.jpg

馬もちょっとよく分からないらしいです。
たぶん記事が消えたからですね。


R0011380.jpg

ちょっとよく分からないところに入ります。
まぁ記事は消えましたけどね。


R0011401.jpg

R0011389.jpg

R0011383.jpg

うーん、思い出せそうで思い出せないのは、たぶん記事が消えたからですね!


R0011392.jpg

記事は消えましたが、サン・ティニャーツィオ聖堂に向かいます。


R0011404.jpg

R0011393.jpg

ポッツォの「聖イグナティウス・デ・ロヨラの栄光」
(イエズス会の伝道の寓意、とも)

バロック美術界の巨匠と呼ばれる彼も、まさか記事が消えるとは思わなかったでしょうね。
ちなみにこれは彼の最高傑作と呼ばれています。記事が消えたおかげかな?


R0011409.jpg

ドーリア・パンフィーリ美術館。
貴族の宮殿の一部が美術館として公開されています。
まぁいくら貴族といえど、記事が消えたことはないと思います。


R0011410.jpg

ここには、カラヴァッジョやフィリッポ・リッピ、ベルニーニなどの有名な作品が数多く保存されています。
彼らの作品は残りましたが、僕の記事は残りませんでしたね!


R0011414.jpg

たぶんこれはコントラストや色的にカラヴァッジョの作品だと思うのですが、
定かではありません。なぜなら記事が消えたからです。


R0011420.jpg

R0011419.jpg

R0011418.jpg

ここはほとんど撮影禁止だったので、作品解説ができません。
あ~消えた記事ではたっぷり紹介してたのにな~消えちゃったからな~マジすごかったのにな~
非常におっ金持ちィ!という建物でした。


R0011427.jpg

R0011433.jpg

R0011431.jpg

広場。
ここでのんびり過ごしていた頃は、記事が消えるなんて思ってもいませんでした。
似顔絵描きもいっぱいいましたね。だいたい一回10ユーロくらい。


R0011434.jpg

ホテルへ戻った後、こっそり抜け出してローマの街を散歩。
記事が消えたから許されますよね。
無駄にオシャレなスーパーでチョコやお土産を買い込んだり、
下品なダビデのパンツを値切ったりしてました。

イタリアでは本の値段が一定ではなく、
普通に上から値札が貼られていて「!?」ってなったりします。
駅周辺の売店なんかは特に高いですね。信頼できるのはちゃんとした本屋さんくらい。
日本と違って男性ファッション誌やヘアカタログは皆無でした。
メディアに煽られて消費に走るのではなく、いちいち自分で選択する感じ。

こっちのオシャレな人ってシンプルで本当にかっこいいんですよ。
ゴチャゴチャしてなくて、すごいサラッとジルサンダーのナイロンコート羽織ってる…みたいな。
あるいは、なんてことないデニムにシャツなんだけど、くたびれ具合がかっこいい…みたいな。

まぁ記事が消えた今となっては、誰がどうオシャレだろうとどうでもいいです。


R0011439.jpg

公衆電話、ちょっとダサくて可愛いですね。
この一昔前?な感じのデザインわりとよく見かけました。
一昔前と言えば、僕もさっき記事が消えたんですよ!


R0011443.jpg

映画「ローマの休日」で使われた階段なんかも見てきました。
どんな名俳優でも、記事が消えた悲しみを演じきる事はできないでしょう…。


R0011444.jpg

スーパーで買ったチョコエッグみたいな奴。
これ、確か僕が幼稚園くらいのときは日本でも売ってたと思うんですよね…?撤退したのかな。
そこら辺は分かりませんが、もちろんこの中に消えた記事は入っていませんでしたよ!

代わりにUSBのオモチャが入っていて、「誰が喜ぶんだよ!!」と思いましたが
帰国後確認したら本物のUSBでビビりました。100円くらいのお菓子のオマケなのにすごいなー。
ただし容量64KBとかで、ケータイの画像が一枚入るかどうかですね。
消えてしまったあの記事を保存することすらできませんよ!!!!


いやー、それにしても何で記事消えたんですかね?
あれかな、「今日本で一番流行ってるギャグ!!」とか言ってテキトーなこと教えたからかな。

□トレビの泉
□サン・ティニャーツィオ聖堂
□ドーリア・パンフィーリ美術館
□その他

もしこの記事まで消えてしまったら潔くブログやめるか、
イタリア行って「ごめん!!『ゲッツ!』ってもう全然流行ってないんだ!」
って素直に謝ろうと思います。
【2011/01/22 07:25】 | 海外旅行記 |
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。