プロフィール

スズキリ

Author:スズキリ
本名スズキリュウノスケ
(鈴木龍之介)のあれやこれ。
くだらない真実をあなたに。

詳しくはこちら↓
http://www.suzukiri.net

画像、文章の転載はご遠慮ください。
リンクフリー

最新記事

月別なんやかんや

カテゴリとか

動員数(アクセス数)

FC2おすすめブログに選ばれました

recommend_bnr02.jpg

このバナー、同じ情報を繰り返し過ぎてると思うんだ。

相互リンク

相互リンク絶賛募集中。

リンク

連絡が取れない場合は勝手にリンクしています、問題ありましたらお知らせください。 ※すみません、リンク最初期状態に戻しました。

検索する

RSSリンクの表示

by FC2

無料ブログはFC2!

ブロともになる

あんまり断りません。

QRコード

QRコード

メールしてみる

名前:
メール:
件名:
本文:

なかの

  
 
スズキリュウノスケのあれやこれ
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
東京都庭園美術館「香水瓶の世界」
R0012354.jpg

勤労に感謝しまくりながら展示などみてきましたよ。
目黒にある東京都庭園美術館の「香水瓶の世界」へ。
ヨーロッパ系の古着屋なんか行くと、昔の香水瓶が数千円で売られてたりしますよね。
あの手のものに弱いので、新美(術館)で初めてポスターを見た時から行こうと思っていた展示です。


R0012353.jpg

皆こいつの前で記念写真撮ってましたね。

さてこの展示、フライヤーに「ドレスコードあり」と書かれていたので確認してみると、
「ドレスコード:薔薇」薔薇のアクセサリーなど身につけて行くと100円引きとの事。
まぁそれだけで安くなるならありがたい、と思ってバラのループタイしていったのですが、
後ろのおじいさまの言葉にハッとしました。

「バラ?いやー、男ですからそんな物持ってませんよ」

一緒に行った女の子もバラ身につけてなかったので複雑な気分でした。
事前に詳細調べまくってバラ身につけて行く男子。

まぁそれはいいとして館内へ。

香水瓶をショーケースに入れ、六角形の鏡合わせ。これが主な展示方法。
いかにもな建物の雰囲気も手伝って、展覧会というよりは古い観光地の宝石屋のような印象でした。

客層は、モノグラムのバッグや財布をひとつは持っているであろう上品な奥様方&旦那様といった感じ。
悪口ではないですが、とりあえずゴッホは観に行きます、みたいな…。そんなお上品な方が多いですね。
せいぜい10~20代な見た目の僕らはわりと浮いていました。

肝心の香水瓶ですが、時代によって流行り廃りが本当に激しいんだなと。
詳しい感想はレポートの方に書きますね。

ランバンやディオール、ニナ・リッチなどいかにもなブランドの瓶もありました。
あ、だから上品な方が多いのかも。

「香水瓶の世界」は11月28日まで。
バラのアクセサリーや服で行くと100円引きですよ。

一般 1,000円/学生 800円 




それにしても、勤労感謝の日に感謝されるべき人は働いていて、
僕らは思いっきり休日とは…なんとも言いがたいですね。働く皆さん、いつもお疲れ様です。

この後森脇准教授の作品も観に行ったのですが、それはまた次回。
そろそろくだらない企画もやりたいですね。



【2010/11/24 03:49】 | イベント |
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。