プロフィール

スズキリ

Author:スズキリ
本名スズキリュウノスケ
(鈴木龍之介)のあれやこれ。
くだらない真実をあなたに。

詳しくはこちら↓
http://www.suzukiri.net

画像、文章の転載はご遠慮ください。
リンクフリー

最新記事

月別なんやかんや

カテゴリとか

動員数(アクセス数)

FC2おすすめブログに選ばれました

recommend_bnr02.jpg

このバナー、同じ情報を繰り返し過ぎてると思うんだ。

相互リンク

相互リンク絶賛募集中。

リンク

連絡が取れない場合は勝手にリンクしています、問題ありましたらお知らせください。 ※すみません、リンク最初期状態に戻しました。

検索する

RSSリンクの表示

by FC2

無料ブログはFC2!

ブロともになる

あんまり断りません。

QRコード

QRコード

メールしてみる

名前:
メール:
件名:
本文:

なかの

  
 
スズキリュウノスケのあれやこれ
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
イタリア旅行記1「スイーツにはモザイクを」
R0010244_1.jpg

イタリア行ってきました。
ルネサンス発祥の地という事で、有名な絵や彫刻、建築など見まくりの12日間。

今回の旅費は40万+3万+αだったので、
人生で一番やっちまった感がありますね。

R0010023.jpg

R0010045.jpg

イタリアへの直行便がなくなった為、まずはアムステルダムへ。


R0010047.jpg

R0010048_20101012213137.jpg

機内食は基本マズいですが、これは結構いけました。
ちなみに、今回の旅行記では食べ物全てにモザイク処理を施してあります。
安心ですね!


R0010049.jpg

アムステルダム着。
ここで聴くアムスフィッシュで、サカナクション地名シリーズはフルコンプ。

R0010052.jpg

R0010064.jpg

R0010068.jpg

アムステルダムからミラノへ。

R0010080.jpg

この機内で出たパニーニは絶望的なマズさでした。
クッキーはそこそこの味。

R0010084.jpg

この日はもう現地時間で23時過ぎ。
ミラノのレオナルド・ダ・ヴィンチホテルに一泊。それにしてもすごい名前。


R0010087.jpg

写真-1

朝ご飯。
甘いクロワッサン、ドーナツ、脂っこいベーコン、たまご。

R0010089.jpg

R0010090.jpg

夏時間だから暗いですね。


R0010093.jpg

まずは、サンタマリア・デッレ・グラツィエ教会へ。
ここはミラノにあるカトリックの聖堂で、どんな作品があるのかはご存知の通り。
レオナルド・ダヴィンチ「最後の晩餐」、本物です。

普通なら観る事はできない代物なのですが、
現地の教授のコネによって予約していただきました。ありがとうございます!

中は当然撮影禁止。このブログで作品解説しても仕方ないので、ぞんざいに済ませます。
まぁなんだ、壁にあれ、フレスコじゃなくてテンペラで描いたらしっすよ。
あとはユダの描き方が特徴的なんじゃないっすかね。
詳しい解説はwebマガの方に書きます。

600px-Leonardo_da_Vinci_(1452-1519)_-_The_Last_Supper_(1495-1498).jpg

画像はwikiからですが、
修復が終わっていたので、これより格段に綺麗でした。


R0010096.jpg

これ完全にムーンウォークですよね。

R0010097.jpg

水道。日本にあったらイラっとしますが、ここだとしっくりきます。

写真-3

五芒星!

R0010103.jpg

一緒に行った子たちです。
みんな靴がかわいい…途中で靴底はがれてる奴もいたけど。


R0010109.jpg

R0010111.jpg

R0010115.jpg

R0010116.jpg

ドメニコ会修道院など。
ろうそくの相場は30セント程。


R0010120.jpg

R0010123.jpg

R0010124.jpg

R0010125.jpg

R0010126.jpg

R0010127.jpg

スフォルツァ城へ。
騎馬隊は写真撮られまくりでした。

R0010130.jpg

これは「AGO,FILO E NODO(針と糸と鋏)」というオブジェだそうです。
ファッションの街ミラノを象徴するシンボル。


R0010131.jpg

R0010133.jpg

R0010136.jpg

R0010137.jpg

ガッレリア近くのスカラ座。イタリアオペラ界の最高峰。

R0010140.jpg

R0010144.jpg

なんだったかの宣伝をやっていて、モデルが沢山いました。
ミラノのガッレリア。

R0010145.jpg

R0010146.jpg

R0010148.jpg

プラダ本店。

R0010150.jpg

R0010152.jpg

ミラノのドゥオーモ。有名です。

R0010153.jpg

R0010154.jpg

R0010156.jpg

R0010157.jpg

R0010158.jpg

ドゥオーモ広場からの風景。





R0010160.jpg

写真-5

写真-6

死んだ鳩、避けて通る観光客、気になって近寄る少年、片付ける清掃員。
日本人のほとんどは「可哀想」としか口に出さなくて、そんな彼らが一番可哀想に思えました。





R0010161.jpg

R0010163.jpg

R0010168.jpg

R0010170.jpg

R0010180.jpg

ドゥオーモなど。

R0010189.jpg

街には、こういうお金を入れると動くオモチャがいっぱいいます(人間です)

R0010190.jpg

R0010191.jpg

R0010203.jpg

レストランへ向かいます。

R0010207.jpg

R0010208.jpg

R0010209.jpg

R0010211.jpg

R0010216.jpg
R0010217.jpg

R0010220.jpg

モザイクがかかると何がなんだか分かりませんね。ははは!

R0010223.jpg

KAMIKAZE

R0010225.jpg

こっちの信号は青が3秒しかない鬼畜仕様になっています。
黄色が長いんですけど。

R0010227.jpg

R0010230.jpg

R0010236.jpg

R0010243_1.jpg

サン・サーティロ教会。

R0010244_1_20101013011938.jpg

パドヴァにて、ガッタメラータ騎馬像。
そう乳首ジジイね。
ただ、大きすぎて乳首はおろか顔すら分かりませんでした。

R0010245_1.jpg

写真

そういえば順番がめちゃくちゃですが、
同じくパドヴァでスクロベー二拝堂にも行ってきました。
ここも予約制で、ルネサンスで活躍したジョットのフレスコ画があります。
制限時間や空気の遮断方法は最後の晩餐よりシビアでしたね。
たった2年で描き上げたというこの作品も修復が終わっており、とても鮮明に見えました。



R0010251.jpg

R0010253.jpg

R0010256.jpg

バスでルッソットホテル・ベネチア・メストレへ。

R0010272.jpg

妖しい雰囲気漂います。

R0010275.jpg

R0010277.jpg

料理は魚とかそんな感じ。
写真は意図的に撮り忘れました。

R0010278.jpg

照明も妖しい感じでしたね。
そんな感じで、イタリア一日目終了。


□サンタマリア・デッレ・グラツィエ教会
□スフォルツァ城
□ガッレリア
□ドゥオーモ
□サン・サーティロ教会
□ガッタメラータ騎馬像
□スクロベー二拝堂

旅行記はだらだらと10回くらいに分けるつもりです、どうぞよろしく。

イタリア旅行記2はコチラ





R0011593.jpg

air_invi_02.jpg

今日帰って来たのですが、
ANREALAGE 2011 S/S COLLECTION 「」
インビテーションが届いていました。

前々回は手袋、前回は定規、今回は風船。
どんなショーになるのか今から楽しみです。


【2010/10/13 01:51】 | 海外旅行記 |
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。