プロフィール

スズキリ

Author:スズキリ
本名スズキリュウノスケ
(鈴木龍之介)のあれやこれ。
くだらない真実をあなたに。

詳しくはこちら↓
http://www.suzukiri.net

画像、文章の転載はご遠慮ください。
リンクフリー

最新記事

月別なんやかんや

カテゴリとか

動員数(アクセス数)

FC2おすすめブログに選ばれました

recommend_bnr02.jpg

このバナー、同じ情報を繰り返し過ぎてると思うんだ。

相互リンク

相互リンク絶賛募集中。

リンク

連絡が取れない場合は勝手にリンクしています、問題ありましたらお知らせください。 ※すみません、リンク最初期状態に戻しました。

検索する

RSSリンクの表示

by FC2

無料ブログはFC2!

ブロともになる

あんまり断りません。

QRコード

QRコード

メールしてみる

名前:
メール:
件名:
本文:

なかの

  
 
スズキリュウノスケのあれやこれ
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
岡本太郎美術館「前衛下着道~鴨居羊子とその時代~」
tr4.jpg


岡本太郎美術館企画展「前衛下着道~鴨居羊子とその時代~」に行ってきました、平日なのに。
めずらしくレポートします。




おしらせ
webマガジン「HERO INTERVIEW」
学校生活クロニクルを書きました。是非。




zenneishitagi.jpg

まずフライヤーがすごく好みです。
なんだよこれ…可愛いよ。

招待券くださったrenawoさん!ありがとうございました!
お礼はぬいぐるみやらでいずれ…。


さて今回は

tr1.jpg

この子と行ってきました。
カメラカメラしていてよいね!


tr2.jpg


それでは岡本太郎の方から。

彼に関しては爆発してることくらいしか知らなかったので
最初の方にある年表がありがたいです。
万博世代にとっては青春そのものだったりするそうですね、たろう。

個人的には平面より立体の方がソソられました。
特に河童と午後の日。あいつら家に欲しいです。

途中ありとあらゆる場所にイスが置かれているので、
「ああ…年配の方にも優しい…んだね…」とか思っていたら
それそのものが作品でビックリ。
キャプションが地面にあるので一瞬焦ります(踏みそうな感じ)。

座る事を拒否するイスは
SUPER TOUGHの「ツレナイコトヲキョヒスルルアー」で知っていたので、
「これが本家か…」と感動しました。

J-7047-1.jpg

これね。確かジョイプラとのコラボ?だったはず。


彼の顔を見ると本能的に「ヤベぇ!!やられる!!」と思うのは僕だけでしょうか。
喰われちまう気がしませんか。




それから前衛下着道。
鴨居羊子さんは、色のついた下着がタブーであった時代からあれこれしてた。
という事だけ知ってました。

こちらは途中にあった「花泥棒」からの写真群が魅力的でした。
線路に例の脚(フライヤー参照)が横たわってるやつなんかもーたまらん。

入ってすぐの展示も素敵。あれらが一番良かったかも。

レトロいセットはトタン屋根が段ボールだったりして、
なんつーかこう…す、すごい手間がかかってる…。

セピア色の町に吊られているカラフルな下着達。
照明で透けてるのがなんともエロいですね。
マネキンがとても可愛かった。

映画の上映なんかもあって、かなり見応えのある展示でした。
太郎の方と合わせると3時間位?


おみやげコーナーでは凄く太郎太郎したシャツとか色々。
吉田戦車氏は「買うくらいなら大阪で本物見る!」言ってましたね。

レースの綺麗な布が見えたんで
ハンカチかなー…と思ったら超下着でございました。


tr3.jpg

く、喰われる!!!



tr4.jpg

外に出るとやたらでっかいオブジェが。
すごく絵になります。



tr5.jpg

美術館以外にも生田緑地は色々あります。
電車とか。車両が置いてあって中に入れるんですよ。

床が木で超可愛いんですが、
「車両内ではお静かに!」みたいな文字が雰囲気クラッシュ。



tr6.jpg

猫…、猫ね。
高円寺やらムサビやら江ノ島やらここやら、
最近猫々しい場所ばっか行ってるように思います。



tr7.jpg

乾燥剤香る科学館。
ヘビのホネとか、剥製とか、ドジョウとか…。
子ども連れにオススメ…?なのかな…。



tr8.jpg

プラネタリウムの施設が可愛いんですが、改装中か何かで入れず。
科学館でやってたんですけど、どうにもクオリティがひどくて…。



tr9.jpg

また!!電車かよ!!
電車っていうか汽車ですね。これは中には入れず。
子ども連れのお父さんが詳し過ぎて怖かった!
リペイントがめちゃくちゃペンキ色だったのが残念所。
あれはスプレー?よく分かりませんが、絶対塗装落ちてる方が良いのに。



tr10.jpg

花。

花*花ですよもう。よく分からんけど。
三脚立ててデジイチ構えた人がたくさん居ました。
スメナでは!太刀打ちできない!



tr11.jpg

そのあとは町田(都下)でぶらぶら買い物とか。
カプセルストラップで「伝染るんです」を見つけたので速攻で挑戦!!!
一発で山崎先生出たので大満足です。


photo.jpg

ちなみにこれが山崎先生。かわいいよね。



そんなこんなで?明日は
文化服装博物館「ヨーロピアン・モード~18世紀から現代まで~」に行ってきます。
ディオールもイヴ・サンローランも別に好きじゃないんですが、
フライヤー見た感じ面白そうだったので。
ドレスはスズキタカユキのが一番すき!


明後日は編集部の送別会、

来週は東京都現代美術館
「フセイン・チャラヤン~ファッションにはじまり、そしてファッションへ戻る旅~」へ。
チャラヤンは今月の装苑で特集されてましたね。
80年代、マックイーンと肩を並べたデザイナーということで楽しみです。


暇なうちに遊びまくる!!ぜ!!










【2010/06/11 22:58】 | イベント | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<言ったもん勝ちとanrealage | HOME | バロック美術云々>>
コメント
ども!
レポ、参考になりました~!線路に脚‥‥土産コーナーの超下着!いいねいいねー!

ネコネコしい場所は平和な感じで好きです。ちなみにあそこは狸も度々出没して館内の関係者さんたちと交流してるそうだよ。

フセイン・チャラヤンも楽しそうだよね~。こっちのレポも気が向いたらぜひぜひ!

【2010/06/12 00:40】 URL | renawo #AmDPL/96[ 編集]
お前学校で何やってんの。アートなのこれは。
【2010/06/12 11:11】 URL | ナツ #EeNzqvKc[ 編集]
renawoさん

いやーとても楽しい展示でした。

狸出没注意の看板は本気だったのですね!
そういや江ノ島でも狸見ました。

了解です!
また来週にでも。

【2010/06/13 23:14】 URL | スズキリ #-[ 編集]
ナツさん

あーあっちの方か…
とくにコメントはございませんとも。

【2010/06/13 23:16】 URL | スズキリ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/06/15 21:52】 | #[ 編集]
いやー良かったです!
見に行きますね!!

【2010/06/16 01:55】 URL | スズキリ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://suzukirisuketch.blog34.fc2.com/tb.php/220-e942ee20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。