プロフィール

スズキリ

Author:スズキリ
本名スズキリュウノスケ
(鈴木龍之介)のあれやこれ。
くだらない真実をあなたに。

詳しくはこちら↓
http://www.suzukiri.net

画像、文章の転載はご遠慮ください。
リンクフリー

最新記事

月別なんやかんや

カテゴリとか

動員数(アクセス数)

FC2おすすめブログに選ばれました

recommend_bnr02.jpg

このバナー、同じ情報を繰り返し過ぎてると思うんだ。

相互リンク

相互リンク絶賛募集中。

リンク

連絡が取れない場合は勝手にリンクしています、問題ありましたらお知らせください。 ※すみません、リンク最初期状態に戻しました。

検索する

RSSリンクの表示

by FC2

無料ブログはFC2!

ブロともになる

あんまり断りません。

QRコード

QRコード

メールしてみる

名前:
メール:
件名:
本文:

なかの

  
 
スズキリュウノスケのあれやこれ
  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
バロック美術云々
s10.jpg


先月、授業で書かされた感想文みたいなやつ。
話題飛びまくり。

バロック美術云々
-年-組 鈴木龍之介

まず、僕のバロック美術への印象は「何かいけ好かない」。
なんというか、解説に「~である」とか多用しそうな感じが若干苦手。
「悪魔に憑かれた少年の唇に灯油を塗って癒す…」とか、
ちょっと何言ってるのか分からない所もまた苦手。
灯油のキスは癒しのキスですか。ケッ!なんて思ったりしました。

さて、

<バロック美術のバロックが「歪んだ真珠」の意味を持つのは有名な話。
本来歪んだ真珠は、醜く悪趣味なものとされてきました。>

今ではたいていの資料にこんな事が書いてありますが、
バロック真珠がタブーとされてきたのにはもっと生々しい理由があったようです。


バロック真珠というのは、核入れの失敗などによってできるもの。
つまり、人間におきかえれば双頭などの奇形を指します。
日本でも「狐憑き」なんて言われたように、
やはり海外でも災厄の前兆などと言って差別されてきました。
が。お金持ちの考える事はよく分かりません、
奇形に興奮を覚える変態さんも多くいらっしゃったらしく、
そういった背景も含め奇形・歪んだ物=醜く悪趣味とされたんじゃないでしょうか。
(ここらへん、色んな国・時代の資料まとめてしまったので
イタリアに限った事ではありません)
余談ですが、アワビの真珠はヴィーナスの耳と呼ばれています。


バロック美術ならでは!という訳でもないのですが、
個人的に気になったのはテンペラ画。
だってあれですよ。壁に卵塗りたくるとか…何考えてんだよそいつは…。
昔何かで「芸術とは崇高な遊びだ」みたいな表記を見かけたんですが、
そう考えるとテンペラ画は完全にアウトですね、食べ物で遊んじゃいけません。

そんなテンペラ画ですが、僕にはずっと気になっていた事があります。
それは「テンペラ画を好まない画家も多く…」という表記。
「テンペラ画は湿度や温度の変化に弱いため…」なんて
もっともらしいこと書いてますが、本当は違うんじゃないですか?

「臭いから」

こうでしょ、本当は。
皆さんはあるでしょうか、腐った卵の臭いを嗅いだ経験。
僕にはあります。頭を何かが突き抜けたような…。
制作中は常にあの臭いとの戦いだったのではないでしょうか。
戦いといえば、テンペラ経験者によると「ゴキブリが超寄ってくる」とのこと。
臭いとゴキブリ、そして自分。沢山の敵に囲まれた戦いだった訳ですね。
テンペラ画について調べてみたところ、こんな事が分かりました。

「膠を併用する」

…これはもう完全に臭いですよ…
大きな絵を描いているなら、当然相当数のストックがあったはず。
大量の卵…そして膠。これはかなりつらい制作環境ですね。
おまけにゴキブリも出るし。
ここら辺で、また新たな問題が出てきます。

「余った黄身はどうするのか?」

黄身白身両方使う事も多いようですが、
基本的に使うのは片方とのこと。(ここでは白身とします)
その場合、余った黄身はどうするのでしょうか。
よく分からないのでグーグル先生に聞いてみましたが、
それらしき情報にたどり着く事はできませんでした。
という事はやはり…飲んだのか…。

毎日毎日、口に入れる物と言えば卵の黄身だけ。
黄身は栄養素も高く健康食品として注目されていますから、
黄身を食べ続ければ絵が上手くなるかもしれません。
根拠は全くありませんが。

凄い人!という共通認識のダヴィンチ。
彼の「最後の晩餐」もテンペラ画ですね。
あんな偉人も臭いやゴキブリに悩まされたのかも…なんて考えると、
少し身近な存在になったような気がしますね。
まぁもし彼がゴキブリもりもり食ってたりしたら身近なんて言ってられませんが。

そんなこんなで妄想が膨らんでしまい
「ダヴィンチがゴキブリ食ってたら嫌だな!」という
訳の分からない結論になってしまいましたが、
これを書く前よりはバロック美術のことが好きになれた気がします。
ほとんどテンペラ画の話しかしてないんですけどね…。

しかしこれだけは譲れない。
教科書の帯、「イタリアはバロック美術の壮大なラビリンス」というフレーズ。
なんなんですかこれは。誰が書いたんですか。
これが許されるのがバロック美術の腹立たしさでもあり愛らしさでもあるんですがね。
だって、もしクラスメイトが
「弥栄高校は青春の壮大なラビリンスだ!」とか言ったとしたらどうですか。
翌日から、そいつのあだ名は間違いなく「ラビリンス」ですよね。


鈴木龍之介
5/23


【2010/06/09 02:20】 | スズブン(メインカテゴリ) | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<岡本太郎美術館「前衛下着道~鴨居羊子とその時代~」 | HOME | 第2回ぞんざい石膏像>>
コメント
すげえバロック感。
バロックが黄身でゴキブリでダヴィンチが唐揚げにして食っていたとは。
勉強になりました。
【2010/06/09 23:18】 URL | 猫田ぼーいち #-[ 編集]
これは「コラムにしないように」って先生に言われなかったのかしらん?(笑)

あ、チケット有効活用ありがとー
楽しんできておくれ。
【2010/06/10 01:12】 URL | renawo #AmDPL/96[ 編集]
猫田ぼーいちさん

すごいバロック感でしょう!
なんやら間違った情報を書きまくっちゃったようで申し訳ないです。
【2010/06/10 20:18】 URL | スズキリ #-[ 編集]
renawoさん

これは感想文みたいなもんなんで多分大丈夫です。

ありがとうございます。
日にち書き間違えてたのですが明日行ってきます
【2010/06/10 20:20】 URL | スズキリ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://suzukirisuketch.blog34.fc2.com/tb.php/219-976d5952
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。