プロフィール

スズキリ

Author:スズキリ
本名スズキリュウノスケ
(鈴木龍之介)のあれやこれ。
くだらない真実をあなたに。

詳しくはこちら↓
http://www.suzukiri.net

画像、文章の転載はご遠慮ください。
リンクフリー

最新記事

月別なんやかんや

カテゴリとか

動員数(アクセス数)

FC2おすすめブログに選ばれました

recommend_bnr02.jpg

このバナー、同じ情報を繰り返し過ぎてると思うんだ。

相互リンク

相互リンク絶賛募集中。

リンク

連絡が取れない場合は勝手にリンクしています、問題ありましたらお知らせください。 ※すみません、リンク最初期状態に戻しました。

検索する

RSSリンクの表示

by FC2

無料ブログはFC2!

ブロともになる

あんまり断りません。

QRコード

QRコード

メールしてみる

名前:
メール:
件名:
本文:

なかの

  
 
スズキリュウノスケのあれやこれ
負け犬論
PICT0061.jpg

しばしば「負け犬」という表記を見かけるけれど、どうして犬になってしまったのだろう。
アンダードッグが語源だって事は知っている。問題は、どうして「犬」なのか、そこだ。

だいたい、犬にも色々あるじゃないか。
ドーベルマン以下なら仕方ない気もする。でもチワワ以下だとしたらかなりまずい。
なにしろそいつは、プルプル震える50センチくらいの愛玩動物にすら敵わないのだ。

いまや犬は家族の一員だという考えが浸透している。そして犬は飼い主達に順位をつけて行動するという。
ならば、小学生時代の友達Fくんは完全に負け犬だろう。
彼の家で飼っていた柴犬が、彼にだけ懐かず、しょっちゅう追い回されていたという。

「飼い犬に追い回される負け犬」
こうなると、もうよく分からなくなってくるのだった。

話は変わって、ペットとして有名な動物といえばもう一種類ある。もちろん猫だ。
「負け猫」
なんとなく可愛い気がする。
猫が負けているのである。傷を抑え、潤んだ瞳で鳴きながらこっちを見ている猫。
そう考えると、負け犬にはない「守ってあげたさ」が生まれるから不思議である。

ここまでくると、なにもペットに限ったものではないだろう。
「負け猿」「負け獏」「負け猪」なんでもありである。

ただ、さすがにこれはまずいんじゃないか。
「負け獅子」
かなり辛い。負けてしまった百獣の王。
そこに漂うのは確かな悲壮感だけであり、同じ猫科でも大違いだ。

きみは「負け」何になるか。
スポンサーサイト



【2011/04/13 22:56】 | スズブン(メインカテゴリ) |
ホーム