プロフィール

スズキリ

Author:スズキリ
本名スズキリュウノスケ
(鈴木龍之介)のあれやこれ。
くだらない真実をあなたに。

詳しくはこちら↓
http://www.suzukiri.net

画像、文章の転載はご遠慮ください。
リンクフリー

最新記事

月別なんやかんや

カテゴリとか

動員数(アクセス数)

FC2おすすめブログに選ばれました

recommend_bnr02.jpg

このバナー、同じ情報を繰り返し過ぎてると思うんだ。

相互リンク

相互リンク絶賛募集中。

リンク

連絡が取れない場合は勝手にリンクしています、問題ありましたらお知らせください。 ※すみません、リンク最初期状態に戻しました。

検索する

RSSリンクの表示

by FC2

無料ブログはFC2!

ブロともになる

あんまり断りません。

QRコード

QRコード

メールしてみる

名前:
メール:
件名:
本文:

なかの

  
 
スズキリュウノスケのあれやこれ
世界は「ですよね」
2011031208290566c_20110407200330.jpg


ここ最近気付いた事なのだけど、「ウケる」「ですよね」があれば大抵の会話は問題なく続く。

たとえばこうだ。

「昨日バイト忙しくて全然寝てないんだよね(笑)」
「ウケる~」
やっぱちゃんと寝なきゃ駄目だわ(笑)」
「ですよね~」

いかがだろうか。
ケータイ片手に話しているというか、
多少冷たい感じはするものの、寝てない自慢の面倒な先輩を見事にかわす事ができた。

そして思うに、海外で行われる日本語の授業ではこれをまず教えればいいのではないだろうか。
普段の授業で教わる言葉なんてまず使わない。

海外から留学生が来て、開口一番こう言う。
「これはあなたのバッグですか?」

なんでこいつは、いきなりバッグを気にするんだ。どうでもいいじゃないか、バッグなんて。
そんな言葉より、やはりこちらの方がいいように思える。

「初めまして、アメリカから来ました。ウケる!!」

…いや、やっぱりどうなんだろうか、いきなりウケられてもただ反応に困るしかなかった。
ウケるは意外と使えないのかもしれない。

しかしここで一筋の希望の光が見えた。

「あはは、ですよね~」

すべてはこれで片がつくのである。世界は「ですよね」で回っていた。

スポンサーサイト



【2011/04/01 02:14】 | スズブン(メインカテゴリ) |
ホーム